【東京サマーランド】プールが混雑してる?いつなら空いてるの?

関東方面の方なら、プールと言えば東京サマーランド

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

樽から降ってくる大量の水!

ロックビーチの樽からは600リットルもの水が

勢いよく落ちてきます。

そんなCMのインパクトもあって、楽しさが伝わってきますよね。

 

だからこそ、混んでるんですよ…

だって楽しいですもん。

そんな東京サマーランドのプールの混雑状況や

楽しめる方法をお伝えします。

 

 

 

【東京サマーランド】プールが混雑してる?いつなら空いてるの?

 

アクセス

 

やはり便利なのは車で行くこと。

荷物も多くなるし、子どもが寝てしまっても安心です。

圏央道ができたのですごく行きやすくなりましたね。

 

それから駐車料金は乗用車1,500円(7月~9月)です。

通常は1,300円。

うーん、高くないですかね?

こういうレジャー施設ならありがちなお値段ですけど…

 

第一駐車場に止めることができない場合、

第二駐車場になりますが、離れているためシャトルバスに

乗車しなければいけません。

 

これも時間がかかる要因なので、

開園1時間前には、駐車場必着。

早い日は30分開園が早まることがあるので

朝7時台に到着すると完璧です!

 

車を利用するとき

公式HPより

 

電車だと新宿から1時間半もかからないくらいですね。

もし車で渋滞に巻き込まれたら、電車を使うほうが

時間も読めてはるかに早く着きます。

 

電車・バスを利用するとき

公式HPより

注意として路線バスはどの駅からも

土日祝日でも午前中一時間に2本、午後は1本しかありません。

あまり待たなくても済むように狙いを定めて

行きましょうね!

JR京王八王子駅から大人500円、小人250円です。秋川駅からは大人200円、小人100円。

 

東京サマーランドアクセス

 

営業時間

 

季節によって変わるのですが、6月時点で

9:00から18:00(プールの利用は17:00まで)

7月になって夏休みに入ると20:30、8月は21:00まで。

プールは閉園1時間前に終了するんです。

年間開園日カレンダーを参考にしてくださいね。

 

夏休みは遊べますね!時間が長くなりますから。

ナイター営業してもらえると

日差しを避けることができて

日焼けを気にしなくていいですからね^^

入園料金

 

公式HPより

 

東京サマーランドは割引もいろいろあって

並ばず入れてお得なのはPassMe

クレジットカードで買ったチケットを

分配できる優れもの。この機能いいですよね。

遅れてくる人を待たずに入れます。

 

 

 

Webで買ってコンビニでチケット受け取り

簡単で事前に準備できるのでいいですね。

PassMeのつぎにおすすめです。

 

LINE@のお友達登録をして画面をチケット売り場で

提示するだけで5名まで割引になります。

以下は6月の例です。

7月から9月は値上がりします。

入園料

おとな 2,000円 1,600円

小学生 1,000円 800円

幼児・シニア 1,000円 800円

フリーパス

おとな 3,000円 2,800円

小学生 2,000円 1,800円

幼児・シニア 1,500円(割引なし)

 

これは6月の場合で、月末の30日までとなっています。

プリントアウトできないので、このまま画面を

提示することが必要です。

 

事前に購入ではなく、当日窓口に行って購入の場合

利用してみてはいかかでしょう。

 

詳しくは公式HPをごらんください。

 

 

夏季限定の屋外プール「アドベンチャーラグーン」の混雑は?

 

水の流れに身をまかせるグレートジャーニーや

のんびり出来るビーバーレイクなどの一般的なプールに加え、

4人〜6人がボートに乗って滑走するDEKASLA

真っ逆さまに落ちるワーズロック及びサマーランド名物の

アクアファンなど数多くのアトラクションプールがあり、

子供から大人まで楽しむ事が出来ます。

 

 

さて、混雑状況ですが

屋外プールのDEKASLA(デカスラ)は、平日に行っても

混んでいることがほとんどです。

60分から120分といわれています。

最大3時間の時もあるようです。

 

一番のおすすめは開園と同時に並ぶことです。

サマーランドは正午前後が一番混むと言われているので

まだ時間がかからないですみそうです。

 

あとのアトラクションは、長くても30分前後なので

デカスラを攻略することがキモになります。

 

屋内プール「アドベンチャードーム」の混雑は?

 

アドベンチャードームには、幅20mの巨大プールコバルトビーチ

600Lの水が降り注ぐロックビーチに加え、地下温水施設の湯遊大洞窟

軟水ジャグジーなどが屋内にあり、悪天候時やシーズンオフなど

1年を通して楽しめます。

 

施設内は常に暖かいので、水に浸かっている最中に冷えて

風邪を引く心配はありませんでしたよ。

 

 

アドベンチャードームの中にあるTiki(ティキ)スライドは、

ハワイの守り神をイメージして作られているのが特徴です。

 

他のウォータースライダーとは少し雰囲気が違い、

怖いながらも楽しく滑れるので何度行っても飽きません。

 

屋内プールは夏だけではなく冬でも泳げるので、

東京サマーランドは一年中楽しめる素敵な遊園地です。

 

何より混むのはコバルトビーチの波の時間。

ほんとに人、人、人で日本でいちばん混む波のプール

いわれていますよね。

 

忘れがちですが、お昼ごはんにレストランも並びます

地味に時間がかかります。

早めに11時までに食べる!と決めていくといいです。

通常、11時以降混んでます。

お弁当もいいですが、保冷するなど温度管理を

しっかりしてください。食中毒も怖いので。

 

こちらの攻略方法は、サマーランドの混雑回避に

つながるのですが、混雑する時期に行かない。

これにつきます。

 

いや待って、夏だし、そんな混んでない日なんてないでしょ?

・・・・・

7月の3週目からは混み始めます。

土日、お盆休みはアウトに近いです。(激込みです)

 

でも平日ならそこまでじゃありません(そこそこ混んでます)

 

9月以降も2学期が始まるころには、少しずつ

空いてきます。(夏が終わっちゃう笑)

 

天気が悪くて気温が低いと空いています。(そもそも入れるのか?)

HPで当日のプールの開園状況を確認する必要があります。

時間が短くなったり、入れなかったりする日もあります。

 

開園と同時は家族連れが多く、15時以降はカップルや学生が

増えてきます。

ナイター営業のライトアップのインスタ映えが

話題になりましたよね。

プールを楽しむというよりは

雰囲気を楽しむに寄っている気がします。

 

穴場はないの?

 

意外と穴場は遊園地のスリルマウンテン。

アトラクションは、水着から着替えることなく

上着とビーチサンダルなど履物(地面が熱いです)を

つけていれば、すぐに行けます。

 

プールが混んでいるなら

割り切って遊園地で遊んでしまうのもいいとおもいますよ。

時間が無駄になりませんね。

 

公式HPより トルネード

 

マナーとして、水が滴らないようタオルでふいて

いくといいですね。ときにベンチが濡れていて

びっくりすることがあります。

お互いに気を付けて利用したいものです。

 

6月の土日に限り、屋外もプールは営業中。

まだみんなが夏だ、プールだ、の気分じゃないときに

先取するのもアリですね。

 

 

 

まとめ

 

まとめますと

  • 車で行く場合、駐車場に一時間前には必着。できれば7時台に。
  • チケットは事前にPassMeで購入。もしくはWebで購入してコンビニ受け取り。
  • 開園と同時に、デカスラに並ぶ。
  • ねらい目は、9月以降の平日、天気が悪く気温が低い日。(要確認)
  • お昼ごはんは早め。もしくはお弁当。
  • 6月の土日の先取。
  • いっそ遊園地で遊ぶ。

 

ふう、どうでしょうか?

疲れましたね。(私が笑)

でも、夏はこれからですから

準備は万全にして東京サマーランドを

遊び尽くしましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

施設詳細

東京サマーランド

東京都あきる野市上代継600

HP https://www.summerland.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です